最近話題の自然葬とは

国内外の有名アーティストや俳優、政治家などが行ったことでも話題となった自然葬ですが、葬送方法の一つという認識はあっても、実際にはどのような方法を用いるものなのかご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。


自然葬は、こと日本においては、一般的に、散骨という方法で行われることが多くあります。
散骨とは、粉末状にしたご遺骨を、海や河川、森林などに撒布する葬送方法のことを言います。


自然葬というと、散骨をイメージされる方がいらっしゃると思いますが、本来は、ご遺骨を自然に帰すという意味合いで行われる儀式であるため、自然葬と呼ばれる葬送方法にはいくつかの種類があります。
風葬と呼ばれる葬送の方法もその中の一つです。



風葬は、ご遺体を自然風に晒し、自然と共に風化させる方法のことで、日本では、昔、沖縄で行われていました。

あなたのご要望に応える2ちゃんねる情報サイトについて考えます。

その他には、水葬と呼ばれる、海や河川などにご遺体を沈める方法や、ご遺体を埋葬した場所に樹木を植える樹木葬、ご遺体を冷凍後に、こまかく破砕、粉末状にし、乾燥させたものを埋葬する冷凍葬、チベット仏教で行われることが多い、ご遺体をワシなどの肉食の鳥に食べさせる鳥葬、ご遺体をそのままの状態で埋葬する土葬、現代の日本でほとんどの方が行っている火葬などがあります。
このように、実に様々な方法がある自然葬ですが、日本においては、水葬は一部の状況を除き、鳥葬など、地方の条例や、法律によって禁止されているものもあります。