自然葬とは広まった背景や理由について

自然葬と従来日本で行われている墓石を用いた埋葬の仕方とは違い、遺骨を直接自然環境の中へ返すなどで葬る方法のことです。


葉かでなく海や山などに直接遺体や遺灰を還す意味としては、自然の大きな循環の中に回帰していくという意味があるそうです。


かつては自然葬というと、遺骨を粉砕し散骨することが多かったのですが、骨壺を用いずに直接土中へ遺骨を埋葬するといった方式でも自然に還ることに違いはないということで、このような方法も含まれています。

マイナビニュース情報はこちらです。

自然葬を望む根本的な考えの中には、かつて日本人が持っていた自然との一体感や死後は自然の大きな循環の中に還るという死生観から生まれたといわれています。



近年日本では自然葬を望む方も増えてきていますが、それは自然の中へ戻りたいという気持ちの他に、核家族化や少子化により、お墓の管理や維持が難しくなってきている社会的要因も考えられています。
詳しい要因を挙げてみますと、お金がかかるだけで心がこもらない葬送習俗に加え、葬式だけの仏教や絢爛豪華葬儀への批判など、また先ほどあげたように日本社会全体の都市化や核家族化、少子・高齢化の急展開に伴い墓の継承ができなくなったこと、そのほか、火葬率が99%以上を超して衛生上の問題がなくなったことから、葬送の方法が多様化していること、墓地造成に伴う自然破壊への批判が高まったことなどもあげられています。自然葬は現代社会の多様化と環境保全などの意味から考えて合理的な方法だといえます。