自然葬が日本人に受け入れられる理由

自然葬は、高額な入檀料を必要とする墓地や高額な墓石を建立する事無く、樹木を墓標とする樹木葬や遺骨を粉骨して散布する散骨などの葬送方法により直接故人の遺骨を大いなる自然に還す葬送方法です。



自然葬には、日本で行われている散骨や樹木葬の他に風葬や鳥葬、水葬、火葬、土葬、冷凍葬など多種多様な葬送方法が行われていますが、多くの葬送方法が宗教の教義や地域の慣習に基づいて行われています。


しかし、日本には国教が無い上に仏教や神道などの宗教団体が考えるほど日本国民は宗教に傾倒していない自覚があり、日本国民の6割以上が無宗教の世界でも指折りの無宗教国家です。その為、無宗教民族に加え自然への畏怖や信仰が薄れ切った現代の日本人は、キリスト教やイスラム教、ヒンドゥー教などの信徒の様に葬儀に宗教的意義を見出す事が出来ず、次世代の経済的な負担の軽減や埋葬後の維持管理の煩わしさなどの心配から解放される自然葬の実例が年々増加しています。

現在の日本では、1948年の墓地、埋葬等に関する法律や刑法の遺骨遺棄罪などにより1991年まで40年以上行われていませんでしたが、日本の葬送の歴史を記紀などから鑑みると土葬や風葬などの自然葬が2000年以上にわたり行われて来た事がわかります。

あなたの知らないminp!の情報が欲しい方必見です。

実際に世界一最古の国家とされる日本の皇室では、皇室葬儀令に従って風葬に類似する殯が行われ、先の昭和天皇も土葬による自然葬で葬られています。
日本は、遺体に対して宗教的な制限が無い為、生活水準や世間の風潮により時代時代で葬送方法を変えて来た経緯があります。



葬祭の事柄

近年、自然葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬とは従来のように遺骨を墓に納めるのではなく、海や山に遺灰を撒いたり埋めたりする散骨方法の一つです。...

more

身に付けたい知識

国内外の有名アーティストや俳優、政治家などが行ったことでも話題となった自然葬ですが、葬送方法の一つという認識はあっても、実際にはどのような方法を用いるものなのかご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。自然葬は、こと日本においては、一般的に、散骨という方法で行われることが多くあります。...

more

驚く情報

自然葬とは葬送方法の中の一つです。従来型が墓石を用いる方法であり、これに対して自然葬は「循環している自然の中に自らも回帰してゆく」といったものです。...

more

葬祭の情報まとめ

自然葬と従来日本で行われている墓石を用いた埋葬の仕方とは違い、遺骨を直接自然環境の中へ返すなどで葬る方法のことです。葉かでなく海や山などに直接遺体や遺灰を還す意味としては、自然の大きな循環の中に回帰していくという意味があるそうです。...

more