今注目されている自然葬とは

自然葬とは葬送方法の中の一つです。


従来型が墓石を用いる方法であり、これに対して自然葬は「循環している自然の中に自らも回帰してゆく」といったものです。古くは土葬があり、墓石を用いる時点で若干自然葬といった考え方からは離れてゆきますが、鳥葬や風葬などが自然葬の本筋と見るならば、土葬は現在の葬送法との間に存在するものと考えられます。

このように「自然回帰」が根本にある葬送法は今の時代になって注目を浴び、それを望む声も増えました。



海へ散骨する海葬は、この一連のブームの中では最も早く注目されたもので、はじめのうちは漁業組合や生活者と散骨する側との間の折衝がうまくいかず、トラブルに発展していたことも数々ありました。


しかしそういった時期を経て成熟してきた今では、信頼できる業者に依頼することで、そういったトラブルも回避できます。


これは変わらず人気です。

ただ、遺族が「会いに行く場所がない」といった面で寂しさを募らせることも多く、その気持ちも満たせる「樹木葬」の人気が高まっています。
樹木葬とは、樹木の下にお骨を埋葬する方法で、たくさんの人のお骨がその場所に散骨、または収められます。



これであれば「会いに行く対象物」があり、遺族の寂しさも軽減されます。


樹木が見せる四季折々の表情も日本的で、心が落ち着くと好評です。

宇宙葬なども、新しいプランも様々出現していますが、まずは遺族となる人々の理解を得ておくことが必要でしょう。

エキサイトニュース情報のお得な利用法をお教えします。