自然葬が選ばれる理由

近年、自然葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬とは従来のように遺骨を墓に納めるのではなく、海や山に遺灰を撒いたり埋めたりする散骨方法の一つです。

海の場合はクルーザーなどに乗って散骨ポイントまで行き、粉末状に加工した遺骨を花びらを撒いた後に撒きます。


山の場合は、里山に粉末状の遺骨を撒きます。



お墓のような人工物を墓標として用いるのではなく、山や海に故人を還すことにより、自然の循環の中に返していくというのが自然葬です。
自然に帰りたいという故人の想い以外にも、少子化や核家族化により、お墓があっても管理体制維持が出来ないという家族の事情も自然葬が選ばれる理由の一つです。

墓地の中に植わっている樹木の下に埋葬するという方法もあります。



その木の下に故人が埋葬されているとはっきりと認識できるので、海や山に撒いてしまうのは寂しいと考える遺族の心情にも配慮した方法です。従来のように墓を建て続けていくと墓地にする場所がどんどんなくなっていくという問題や、墓地・墓石を購入するには葬儀費用に加えまとまった金額が必要なことから遺族には大きな負担がかかります。


費用のことで残された子どもたちに負担を掛けたくないという故人の意志で自然葬を選択されることもあります。

ただ単に葬儀方法の好みの問題というわけではなく、故人や遺族がお互いを思いやる気持ちをもって選択しているケースも多く見受けられます。

時代の変化とともに葬儀の方法も変化していきます。

それぞれの家庭が納得のいく方法を選択することが大切です。

47NEWSのことならこちらのサイトが便利です。